損失を被る事になります

現実にノートパソコンの前に座って、リアルタイムで変化している市場を目を向けているとエントリーをしなくてはいられないという抑えようのない気持ちが生まれる場合も多かったりします。

でも、なんとなく思いつきで売買することだけは、間違ってもしてはいけませんご覧の通り、マーケットは年中、常時どこかの外国為替相場はやっているし、為替レートもいつでも、変動している。

だからといって、何度も注文を積み重ねるとそれだけで損失を被る可能性が高まってしまう。

当然、売り買いの数を重ねることによって、結果的に勝ち負けの可能性が50%、50%になっていくのは事実です。

しかしこの事実は「はっきりしない直感でトレード」とは話が異なります。

取引回数を積むというのは自分自身が「ここはいける」と考えるチャンスを得た場面での売買回数を重ねるという事を言っています。

特段の理由も無く、連続して売買をするのとは全く違います。

外国為替市場の戦いにi挑むには、自ずからけじめをつけることこそが不可欠です。

「ここだ!」と感じたマーケットの時には、いっそのこと所持ポジションを増やして、徹底的に利益を追求する。

「明らかに分かりにくい相場で、どう動くのか理解できないな」と思案した時は観念して所有ポジションを全部閉じて放置します。

このぐらいのメリハリをつける方が、最終的には売り買いは成功します。

市場の金言には「休むも相場」というものがあります。

文字通り言葉どおりだと思います。

外国為替相場とは休みなくポジションを持っていることがすべてではなく、ポジションを所持せずじっとしていることも時には取引です。

それでは、どの場面で休みどきなのでしょうか。

ひとつは、先述した通り、これからの市場が明確に分からない時です。

今後円高になるのか、それとも円安になるのかが見通せない時は、何も考えず行動すると、自分自身の作り上げたストーリーとは逆方向に為替相場が動いてしまい、損失を被る事になります。

だから、そういった状況ではポジションを0にしてそのままの状態で黙ってみているだけが最良の選択です。

もうひとつの場面は、自身の体の状態がよくない時です。

コンディションとマーケットに何の影響も与えないと考える投資家もいると思いますが現実には考えている以上に影響します。

コンディションが思わしくなければ、相場の重要なところで、正確な決断を下すことが出来ない場合が多くなります。

気分が乗らない時は外国為替相場から離れてみるのも必要な事です。

コンテンツメニュー

    Link